2009年08月09日

ギランバレー症候群 大原麗子

大原麗子さんの芸能界復帰はもう無いのでしょうか?
大原麗子さんの芸能界復帰はもう無いのでしょうか?確か吉永小百合さんと同い年だと思うのですが。(続きを読む)

女優の大原麗子さんにどのような思い出がありますか?「ギラン・バレー症候群」と....
女優の大原麗子さんにどのような思い出がありますか?「ギラン・バレー症候群」という病気だったそうですが、実際にかかった方にお聞きしたのですが、どのような感覚になるのですか?大原麗子さんの冥福を祈ります。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000982-yom-ent女優の大原麗子さん、自宅で死亡…死後2週間以上8月6日21時41分配信 読売新聞 女優の大原麗子さん(62)が、東京都世田谷区の自宅で亡くなっていたことが6日、わかった。 警視庁成城署幹部によると、大原さんの弟が大原さんと連絡が取れないことから同日、同署を訪れ、午後7時頃、署員とともに、大原さんの自宅に行ったところ、2階寝室のベッドで大原さんがあおむけの状態で死亡しているのが見つかった。 遺体の状況から、死後2週間以上が経過しているとみられ、同署では病死の可能性が高いとみている。 目立った外傷はなく、室内に荒らされた形跡もないことから、事件に巻き込まれた可能性はないとみられ、同署で死因を詳しく調べている。 大原さんは東京都出身。1964年、NHKの新人オーディションに合格、テレビドラマ「幸福試験」でデビューした。 65年、東映に入社し、「孤独の賭け」で映画デビュー。「網走番外地」シリーズなど数々の作品に出演し、「男はつらいよ」では2度マドンナ役を務めた。 テレビではNHKの大河ドラマ「勝海舟」「獅子の時代」に出演、「春日局」では主役を務めた。「すこし愛して、なが〜く愛して」のせりふが流行語になったサントリーのCMなどに出演。愛らしい表情としっとりとした風情の日本美人として、何度もテレビの「好感度タレントNo.1」になった。 73年に俳優の渡瀬恒彦さんと結婚、78年に離婚。80年に歌手の森進一さんと再婚したが84年に離婚した。 手足の神経がマヒして歩行などが困難になる「ギラン・バレー症候群」の治療のため、近年は芸能活動を休止しており、昨年11月、自宅で転倒して右手首を骨折した。最終更新:8月7日1時53分http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/obituary/おくやみ 掲示板:投稿数263 各界著名人の死亡を伝える。生前の業績や関係者の反応、通夜や告別式・葬儀での出席者の様子も。[関連情報]◇大原さん死去の記事・ 大原麗子さん自宅で死去=2週間超経過、病死−東京 - 時事通信(8月6日)・ 大原麗子さん死去 62歳、東京・世田谷の自宅で 病死か - 毎日新聞(8月6日)◇山田洋次監督がコメント・ 大原麗子さん訃報に山田洋次監督「本当に魅力的なマドンナ」と哀悼 - オリコン(8月6日)・ 山田洋次監督「驚き、とても悲しい」=大原麗子さん死去 - 時事通信(8月6日)◇(続きを読む)

大原麗子
大原麗子あの、、大原麗子は引退ですか?それとも干されたのですか?(続きを読む)


Dino Memo: 大原麗子
大原麗子 ... ぶさいくなおいぬさんは、好きですか。 そのディノ村、凶暴につき。2 · ディノの脳内メーカー · ぐるぐるぴー。 すっげえ、喰ってみたい。 怪奇日食 · もうキャンプへなんて、行かない。 5 · デコとアゴ · SUMO? ▼ 8月 (1). 大原麗子 ...(続きを読む)

大原麗子が熱いの? 宙ぶらりん | ポポの今日のぴか一
2009/8/9. 「大原麗子が熱いの? 宙ぶらりん」 日記. 来るよ と聞いてたさきちゃんには会えなかった 舞台に関係したり、さらに裏の作業までやると、そういう時間を取 プロアクティブ 自動販売機 途中 電気を消して 真っ暗な中 ケイソンの歌を聞いた ...(続きを読む)

大原麗子と同じギランバレー症候群 | AQUAノート
昭和の代表的女優の大原麗子が亡くなった。 ギランバレー症候群を患い、再発したとの報道だった。 すぐさま、友人からのメールで、「京子も再発なんてしないように、気をつけてよ!」 私も2年前に突然、発病した。10万人に一人の確率で、大学病院にも ...(続きを読む)


posted by ガーコ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31175979

この記事へのトラックバック