2009年04月01日

朝鮮日報 リュシウォン

Koria@Taipei.hobby No.32 アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜
記事参照@朝鮮日報 HitokotoHanguru 君は?=ノヌン? 2009/03/31(火) 23:40:18|; 韓国映画; | トラックバック:0; | コメント:0. <<No.33 インディアン・レイニー・ヤン | ホーム | No.31 コ・ヒョンジョンのドラマにパク・イェジンが参加!>> ...(続きを読む)

韓国女優注目トピック ソン・ヘギョ、カーネギーホールに立つ
... の広報大使は夢をかなえようとする人々を応援するために引き受けたもの。YouTubeのサイトを通じて、ニューヨーク公演の様子を韓国のファンも見ることができるだろう」と話した。 チョン・ヒョンファ記者. STARNEWS/朝鮮日報日本語版 2009/03/29より ...(続きを読む)

韓国ドラマ&マンガ「宮(궁)クン」=「らぶきょん」 宮内庁皇太子 ...
[便利]韓国漫画専門店「ハニル堂」 · [情報]朝鮮日報(日本語) · [便利]NAVER 韓日・日韓辞典 · [宮・韓国]ビデオDaumサイト(韓国) · [宮・韓国]ビデオDaum掲示板(韓) · [宮・韓国]宮ゲル(韓国) · [ジフニ]DCinsチュゲル(韓国) ...(続きを読む)


このユンソナの朝鮮日報でのインタビューについてどう思いますか?
このユンソナの朝鮮日報でのインタビューについてどう思いますか?ユンソナの朝鮮日報でのインタビュー抜粋『そう、日本も最近は韓国のレベルに追いついてきて、音楽だとか。。。。ドラマにしても。。。なかなか良くなって来てる。韓流の影響ね。韓流ドラマが流行ってるのは日本のドラマが韓国より劣る証拠。彼らは韓国のドラマや音楽を聞いて勉強してる。でも、やっぱり韓国に比べたら全然、全ての面でレベルが低い。これは文化の差だと思う。だから、日本で活動するには、お金の為だと割り切らないと、我慢できないことが多い。』中央日報インタビュー『日本人は親日じゃないと、反日だといってくる。あの国は最悪。それに韓国人にすごくライバル心を燃やしてる。韓国人は日本人をライバルだなんて思ってないのにね』(続きを読む)

今日(12月30日)の朝鮮日報の記事によればhttp://www.chosunonline.com/article/2...
今日(12月30日)の朝鮮日報の記事によればhttp://www.chosunonline.com/article/20071230000010植民地時代の世相映す広告の数々【新刊】シン・インソプ、キム・ビョンヒ共著『韓国の近代広告100傑』(コミュニケーション・ブックス) 日中戦争の真っ只中だった1939年、本紙に「明色美顔水」という化粧品の広告が載った。大陸では連日砲声が鳴り響いているというのに、広告の中のパーマをかけたモデルは「時間が経てば経つほど、より一層美しくなる」という宣伝文句の下で、心配事など何もないかのようにニッコリと笑みを浮かべている。 本書は、韓国に初めて広告が登場した1876年から、日本の植民地支配から解放される直前までの、あらゆる印刷媒体に掲載された広告を分析した上で、その時代を代表する「傑作」の広告100種類を選んだものだ。著者は広告を通じ、その時代の経済水準、人々の生活ぶり、美意識や流行などが「手に取るように分かる」よう心がけた。米国製の自動車やチューインガム、日本製の石鹸やキャラメル、韓国産の膏薬(こうやく)やタイプライターなど、広告の商品に反映された植民地の人々の生活ぶりは大変興味深い。中には「言葉に表せないほどの楽しさ。珍しい本8冊をたった1ウォンで買える」という広告もあった。郵便を通じて販売されるポルノ雑誌の広告だ。 また、28年に東亜日報に掲載された、米ゼネラルモーターズ(GM)の「新シボレー」の広告も興味深い。「全世界の自動車業界に一大センセーショナルを巻き起こした」という宣伝文句からは、20年代末に京城(現ソウル)の富豪たちの生活ぶりが垣間見える。新聞記事には自動車に対する否定的な表現があふれていたが、富豪たちの間では「電信柱を切りに行こう」(漢江鉄橋周辺の電柱の間をS字を書くようにグルグルと走り回ろうという意味)という隠語が生まれるほど、ドライブは人気があったのだ。・・・・・・・・・・・過酷な日本の統治下(朝鮮が言うには植民地政策)で当時の朝鮮は悲惨な状態だったはずなのに当の朝鮮の国民は優雅な生活をしていたんだね・・・・この記事を読んでどう思われますか?ご意見を伺いたいです(続きを読む)

韓国の新聞の日本語版の翻訳は適切なものなんでしょうか?朝鮮日報などの日本語版....
韓国の新聞の日本語版の翻訳は適切なものなんでしょうか?朝鮮日報などの日本語版を読んで思ったのですが、その翻訳通りの意味で解釈すると、納得できない部分が多々あるのです。たとえば中央日報の日本に対する貿易赤字について記事での「誠意を見せなければならない云々」、朝鮮日報のアメリカにとって日本は同盟国、韓国はパートーナーとのコラムでの「差別云々」などの表現と論旨などは尊大さや幼児性を感じてしまうのです。両国の文化的相違(たとえば女性の立膝や食器を置いたまま食べる犬食いは日本人にとっては違和感や嫌悪感を誘いますが、逆に韓国の人にとっては日本人が器を手に持って食べるのは嫌悪感を催させるなど)を考慮してない単なる悪い直訳なのか、それとも記事やコラムの内容は適切に翻訳されており新聞社(記者)の意向を十分に伝えていると捉えるべきなのでしょうか?またはなんらかの意図でのプロパガンダなのでしょうか?(続きを読む)


posted by ガーコ at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28095485

この記事へのトラックバック